マロントリップI Love ToucanCollection/ステーショナリー・楽器その4

■ ステーショナリー・楽器 その4 ■

.......................

■オオハシブックマーカー■

東南植物楽園の売店にて購入した、
サンショクキムネオオハシが描かれたブックマーカー。
とってもトロピックです☆

これはDan Mackinという画家の
Pink House in Paradiseという作品の一部です。
何故かこの売店では、肉筆含めDanの作品、グッズが
もりもり売られていました。

オオハシが描かれているのは嬉しいんだけど、
どー見てもハワイアンな風景にオオハシが
居るんだけどな‥‥‥。
カ、カリビアンなのかな‥‥‥。
そりともDanの心のパラダイスを描いてるのかな‥‥。

■オオハシボールペン■

このボールペンも横浜のチャイハネで購入しました。

バルサ材で作られたオオハシが付いた軸に、ボールペンが
付いています。何故かインクは青。
可愛いオオハシはとてもカラフルで、まるでチョコボールの
キョロちゃんのようです。目もととか似てるかも‥‥。

ちなみにインクが青ってのと、軸が太くて持ちにくいというので
あまり使われていません‥‥。
バルサ材製なので、軸がかなり軽いと言うのも
このボールペンが持ちにくい一因なのかも。

でもかわいいので飾ってあります。
こんだけ見た目がかわいいんだからイイの〜♪

■オオハシ色鉛筆■

こちらも横浜のチャイハネで購入。
今回、かなり沢山仕入れて来ました。チャイハネ万歳☆

こちらの色鉛筆、長さは20cm弱、直径は1.3*1cmほどの楕円です。
でかいよ‥‥‥。そしてご覧の通り、芯が太いよ‥‥‥。
上で紹介している、オオハシボールペンなんてメじゃないよ。

同じバルサ材ながら、オオハシボールペンと違って
ニスがけをしていないので、更に軽い、紙を持っているような軽さ。
‥‥逆に使いにくいよう。
重さ以前に、このド太い芯が‥‥‥どうしたら?

鉛筆上部に鎮座ましましているオオハシがまた微妙。
ズン胴ヌルリ、と言った感じです。
しかも目の周り蛍光ピンクだし。

ちなみに、芯の色は、この赤以外に青もありました‥‥‥。

■レターオープナー■

パック日本酒、松竹梅「天」のオマケ。
森の仲間便利グッズだそうですが‥‥この見るからにオオハシ
でも同封の説明書(画像に写っている紙)には
「極楽鳥の形をした〜‥‥」と書かれています!ええっ!?

それは無視して。だって見るからにオオハシだし。
(このカラーリングはやはりオニオオハシかな?)
で、これはレターオープナーなのです。
嘴の部分が上に90度回転します。それでナイフ状になった
このオオハシの嘴でスサ〜ッと開封するのですね。

ちなみに足は金属で出来ていて、ホチキス針を抜くのに
使えるようになっております。
そして裏面にはマグネットが付いていて、普段使わない時は
金属面にくっ付けておけると言う仕様になっております。

■オオハシ写真携帯ストラップ■

2004年12月に掛川花鳥園に行った時の新商品。
クリハシオオハシとオニオオハシのストラップです。
丸い写真の入った透明プラスチックに、カラフルな
ビーズが連なった、使いやすくて可愛いストラップ。

しかし!大変です!!良く見て下さい!
オニオオハシ(モデルはマーク)はいいんですが、
クリハシオオハシの方にも「オニオオハシ」て
書いてありますよ〜〜〜!!!???

2005年2月に行った時、ちゃんとクリハシオオハシって
直したものが売られていましたけどね‥‥。
もしかしてこれってエラー物!?
レア?超レア!??

■オオハシ額入りマグネット■

上に紹介した、ストラップと同じく掛川花鳥園特製グッズ。
クリハシはストラップと同じ写真を使用しています。

種類はオニオオハシとクリハシオオハシ。
クリハシオオハシは金の額縁、オニオオハシは
ピンクの額縁で、額の後ろにマグネットが付いていて、
金属面にくっつける事が出来ます。

ストラップの写真と違うショットが使われていますが
このオニオオハシもマークですね。多分。
そしてこちらのクリハシの名前も堂々間違っていました。

これも2月に行った時には直されたものが売られてましたが‥‥。


サイトマップ■ 


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス