マロントリップI Love ToucanCollection/置き物・オブジェその3

■ 置き物・オブジェ その3 ■

.................

■オオハシのガラス細工■

例のペリカンペリカン連呼するオジサンの店で買った
ガラス細工のオオハシ。

胸は黄色く、嘴はオレンジ色なので、何オオハシか
謎ではありますが、シルエットといいましょうか、
全体的なバランスが、よく出来ています。
脚の指も前2本で忠実なんだよね‥‥‥。

一緒にバタンやインコ、ダチョウのガラス細工も
売られていたので、作家の方が鳥好きなのかも
知れません。

もうチと目が上な方が、顔が可愛くなると思うけどネ。

■紙粘土のオオハシ■

日頃からオオハシが好きだ〜、と方々で
言い散らかした結果、それを聞いた粘土細工大好きッコの
こぐまちゃんより、手作りの紙粘土細工のオオハシを
戴きましたよ〜。有り難うございます。
いやァ、言ってみるもんですね。

本人曰く、想像で嘴の色を塗ったのでテキトウ〜
だそうですが、いやいやなかなかどうして。
ちゃんとオニオオハシですよ〜。コレは。
ころんと真ん丸で可愛いです。
目の虚無な感じを保ちつつ、ちゃんと可愛いのは
なかなかのワザなのでは!?

‥‥やっぱ名前はコロまるかな‥‥
(見たまんまや!激しく!!)

■サンショクキムネのプレート■

上野のこんぱまるにて購入。
木材に線と浅い浮き彫りで、サンショクキムネを彫って
薄く着色し、軽く焼き色を付けたナチュラルな風合いの
木のプレートです。麻ヒモが付いてます。

この、ニョロ〜ンと伸びた感じが、オオハシ特有な
質感で、オオハシ好きには心迫るものがありますね。

私が買った時にはこれ以外にも、下に紹介したシロムネ、
そして、サンショクキムネの別バージョン、
クリハシ2種(ちょっと嘴の模様違ったっぽい)の
全部で5種類がありました。

いずれも手作りの一点もの、「髭にいに」さんの
作品だそうです。

■シロムネオオハシのプレート■

上に紹介したサンショクキムネのプレートと
同じ時に購入した、シロムネオオハシのプレート。

シロムネオオハシと書いてありますね。
やっぱアカハシシロムネオオハシなんだろなあー
上のサンショクキムネとは対照的に、首を縮めて
まるまっちくなっているポーズ。
これまたオオハシらしいシルエットです。

らしさが良く出ているんですが、
世のオオハシグッズに比べ、オオハシだなーと
思えて嬉しいんですが、8cm角
(案外と小さいのです)のこの木製プレート。
‥‥‥何に使えば〜‥‥‥。

一応サンショクキムネと並べて壁掛けにしました
けど〜‥‥‥。ただのインテリアなのかな‥‥?

■オオハシのウィンドベルモビール■

横浜のチャイハネにて購入。
モビールタイプのウィンドベル。何本かの糸が下がり
そこにオオハシのバルサ細工が、螺旋状に配されています。
(円内は拡大)

ところどころに付いている、カラフルな丸い玉は陶器で
風が吹いて、同じく陶器で出来ている葉の形をした
オブジェに、その丸い玉が当たると、チィンと音が
鳴るような仕組みになっています。

同じようなので、オオハシ部分が陶器で出来ていた
ウィンドベルもあったのですが、こっちの方が
カラフルでオオハシっぽい色使いだったのと、軽かったので
バルサ製を購入〜。陶器版もシルエットが丸くて
可愛かったんだけど‥‥。

そんな訳で、我が家はますます魅惑のチキルームな感じに。

■オオハシの石細工■

同じく、横浜のチャイハネにて購入。

丸さがたまらない、オオハシの15cmほどの石細工。
何と言う石か知りませんが、やわらかくなめらかで
独特の粘りがあるような材質です。
台座になっている部分も同じ石で、
周りが茶色く、中がクリームがかった白という
不思議な色をしています。

そんな石の自然な色合いを生かして、ワンポイントに
色を付けています。
それより何より、この造形の丸さ!
このコロリとした、えも言われぬかわゆさ!!

チャイハネでは相当買い込んだけど、今回これが
一番のヒットかも‥‥‥‥。


サイトマップ■ 



女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス