マロントリップI Love ToucanCollection/置き物・オブジェその2

■ 置き物・オブジェ その2 ■

■タイのオオハシ置き物■

タイの何とかいう部族(忘れてるよ!)の手彫りの
木で出来た、オオハシを象った置き物です。
頭でっかち、キョトンとした目。
何とも愛らしいルックスです。

ついこれが店頭にあったので、普段なら絶対入らない
ような、何とも言えないよーな、微妙オレセレクト感
漂うナンセンスな店に入ってしまったのですが、
ココで他にもバティックのオオハシとか見付けて
しまったのでした‥‥‥何故。

ちなみに、店主らしきオジサンはオオハシのことを
「そのペリカンねえ〜」「そっちにもペリカンあるよ」
「ペリカンお好きなんですか?」と、こちらに修正の
余地を与えない確信の強さでペリカン連呼してました。

■木彫りのオオハシの置き物■

イクスピアリのストーンマーケットで購入。
店先に1mはあろうかという、これと色違いの
大きな木彫りのオオハシがあったので、
フラフラと入店。
そして、お店の中にはたくさんのオオハシがー!

て、またキャプションに「カラフルペリカン」て
書かれてるよ!嘴大きい鳥って言うと、皆ペリカンしか
知らないの!?ペリカンと明らかに違うくないか?

そして、どピンクだったりド緑だったりする色彩‥‥。
ペリカンはともかく、カラフルなのは合っている。
一番地味な色味を選んで買ってみましたが。
コレ以外はオオハシと思えぬカラフルさだったのです。
(ペリカンとも思えないが)

■グアテマラの木彫りオオハシ■

上野の国立科学博物館で、マヤ文明展が開催された時に
特別展のショップで売っていた木彫りのオオハシ。
グアテマラ産。多分。

コレ‥‥‥買ってどうすんだ?とビミョーに
我に返りそうなギリギリの線の品。
オオハシに飽きたらどうすんだ。マジで。
フェアトレードに参加したから、という意義で
虚しい気分にならないようにしたいです。

飾るにもちょっと場所取るんだよネ‥‥‥。
(本当にならば何故買う?オオハシ獣道‥‥)

■緑色のオオハシフィギュア■

イクスピアリレインフォレストカフェで購入。
嘴のデザインや、全体的なシルエットは
オオハシなのに、色合いはミドリチュウハシ。
オオハシなのか、コレは‥‥?と思って
タグを見たら「Green Toucan」と‥‥。

ちなみに緑の羽色のオオハシ属はいないし、
ミドリチュウハシは英語ではtoucanet。
何なんでしょう、この生き物は‥‥

でもまあオオハシってことでひとつ。
塗装は雑(なんか緑色だしね〜)ですが
原形自体はかなりイイ感じなんですヨ。

■エクアドルのオオハシの置き物■

沖縄の万国百貨店で購入。
他に色違いで何体か同じ置き物があったのですが
コレだけ安かった‥‥‥。
(他のに比べて半額以下)

バルサ材(桐に似た、軽い木材)製で、
焼ごて(とかそういうもの)でラインを取って
着色してあるので、定番エクアドル民芸品ですね。

うちの玄関に靴箱とかあったなら
その上に置いてみたりするのになー。
ちなみに結構デカいです。
30cmちょいはあります。

■羽ばたくオオハシのオブジェ■

これまた沖縄、国際通りの星羅という店にて発見。
バリ製のオオハシのオブジェです。

テグスで吊り下がるようになっていて
下に付いている、小さいオオハシ(?)を
引くと、翼が上下して羽ばたく仕組み。
嘴とか体の色とかから、何となく
サンショクキムネな感じかな〜?と思っていますが。

それにしても、これだのオオハシぬいぐるみだのを
吊り下げていくと、どんどん部屋が
本格的に魅惑のチキルーム化してきます。
文鳥は怖がっちゃうし。


こういうのがツマミでぶらさがってます。
オオハシて言うよりもカモみたい〜

サイトマップ■ 



女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス