マロントリップI Love ToucanToucan and I/インナーシティーズーNOAH

インナーシティーズー NOAH
公式サイト

(2004年3月27日現在)

インナーシティーズーとは何じゃらホイ。要はペットショップなのですね。
場所は横浜、金沢区。
横浜ベイサイドマリーナという大型ショッピングモールの一角にあります。
鳥飼いさんたちのオフ会で行って来たのです。
(自分一人じゃこんな遠いとこのペットショップは行かないなぁ〜)

と、イキナリお店の表にあるショウウィンドウにウスユキノド(シロムネ)オオハシを発見!

アクリルガラスのウィンドウの中に、更にケージに入れられていたシロムネ。
右の部屋に2羽、左の部屋に1羽おりました。


右のウィンドウの主人はこのパプアシワコブサイチョウ。つがいでいて、こっちがオス。
動物園でもなかなかお目にかかれない、珍鳥中の珍鳥です。
ちなみに左のウィンドウの主人はコツメカワウソです。
オオハシはどちらの部屋ででも、邪魔にならないようケージに入って間借りしてます。

さて、店内にはペットグッズを中心とした無料で入れるフロアと、
会員専用(年会費5000円、一週間分だと500円)の珍獣のいる奥のフロアがあるのです。
皆さんと500円払って奥のフロアに入ります。

奥のフロアの更に奥まった部屋の中にオオハシ発見。
マーモセットやタマリンなどのキヌザルや、チュウハシと一緒にいました。


ヌ〜ンと見てます。警戒中。オニオオハシは臆病な個体が多いですが、
それ以上に結構神経質っぽい雰囲気。ケージも狭いしな‥‥。
嘴をカタカタ鳴す、威嚇音を発されてしまった。


部屋の手前からオニオオオハシ、オニオオハシ、シロムネオオハシ。
オニオオハシは2羽とも特に神経質でした。
画像は、奥のオニオオハシとシロムネが羽繕いしている所。


何撮っとんじゃ〜カタカタカタ〜!

ペットショップで販売されている個体なので当然ですが、どの仔も
嘴がまだ小さい、若い個体です。
同行したtakayanさんに聞いた話では、やはり一般家庭で飼育されているオオハシの
寿命は数年だと言う事。み‥‥短すぎ!!
動物園などの施設で、条件が相当良くてもオオハシは人工の環境では
その寿命は十数年と言われています。あの体格の鳥にしては短いと思う。
(野生での平均的な寿命などは、研究が進んでいないためにハッキリとは判りません)
やっぱり自分には飼えないなあ。と改めて感じてしまった。

インナーシティーズーNOAH その1 その2

サイトマップ■ 


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス