マロントリップI Love ToucanToucan Albam/井の頭事情


井の頭事情


まずは雄叫び。
いつも温室内でオレオレなアピールを欠かさない、井の頭のアオアシ。
キョンキョン鳴いて、温室は自分の縄張りである事を主張。
そんで、縄張りの中にあるものは自分のものだと主張。
「トコ、おまえはオレのもの〜〜〜!」とでも言わんばかりに。


早速接近。
と言っても、実はこの直前に、運んで来た餌をトコにあげようとして、
失敗してたんだけど(緊張?近寄り難いのか!?それとも茂みの奥にいたから?)
しかしアオアシはメゲる事なく、見晴しのいい枝にトコが止まったのを見計らって
接近、接近!
アオアシ「トコ、好きだ!好きなんだトコ!!(倒置法)」
トコ「‥‥‥‥‥‥‥」


執拗に。
何としてもトコに好意を伝えたいアオアシ。
アオアシ「本気なんだ!笑えよ、こんなオレ、初めてだゼ!!」
トコ「‥‥‥‥‥‥‥‥‥」


セクハラ?。
いよいよアオアシも白熱。
アオアシ「だから‥‥ちょっとくらいチューってさせろや〜〜」
トコ「〜〜〜〜〜〜!」
トコは何だか一人の時間を邪魔されたくなかったようです。
のんびりマイペースオオハシのトコとオレ道を行くアオアシ‥‥‥。
何だか成就は遠そうな、獣道カップルでした。

サイトマップ■ 


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス